脱毛 青森市

サイトメニュー

電気脱毛とは? | 電気脱毛の効果 | 電気脱毛の料金はどれくらい? | 電気脱毛のメリット・デメリット | おすすめはエステティックTBC | まとめ

 

電気脱毛とは?

出典元:http://www.fairies.co.jp/electrolysis/

 

電気脱毛とは、針脱毛やニードル脱毛とも呼ばれていますし、サロンによってはスーパー脱毛と呼ばれる事もありますし、絶縁針脱毛と呼ばれる事もありますが、細い針をムダ毛の生えている箇所に刺して、先端から微弱な電気を発生させることで毛根を完全に破壊して再生機能を失わせる方法を言います。

 

これは、日本で唯一の永久脱毛と言われている方法で、光脱毛やレーザー脱毛でもここまでの効果を出すことはできません。

 

しかし、どう処理をして、どれくらいの効果があるのかは正直わからない事が多いですよね。

 

痛みは他の脱毛方法と違って結構あると言われていますが、どれくらいの痛みがあるのかなども詳しく解説していこうと思います。

 

電気脱毛の効果


電気脱毛は、上記にも書きましたが、永久脱毛効果があります。

 

脱毛サロンや医療脱毛では光脱毛やレーザー脱毛が主流です。レーザー脱毛も永久効果に近い効果を出すことができる脱毛方法ですが、それよりも効果が高いのが電気脱毛なのです。

 

医療クリニックで使われているレーザー脱毛よりも歴史は深く、日本に入ってきたのは1960年頃と言われています。

 

ムダ毛をある程度細く、薄くするなら光脱毛やレーザー脱毛でも十分な効果を得る事はできますが、ムダ毛を完全に処理して生えてこなくしないのであれば電気脱毛をお勧めします。

 

電気脱毛の料金はどれくらい?

一般的には電気脱毛は処理する本数で料金を設定している所が多いです。

 

わき脱毛でわきのムダ毛の本数が600本として、600×3×2(両わき分)としたら処理する本数は3600本になります。

 

毛には毛周期があり、見えているのは全体の1/3くらいです。

TBCは1本あたりで計算

料金はサロンやクリニックによって違いがあるのですが、TBCで受けると1本あたり143円で処理をしてくれます。

エステティックTBC

Vライン

光脱毛のライト脱毛と電気脱毛のスーパー脱毛を両方使用して、永久脱毛をしながらも抑毛してくれるため、効果がかなり高い脱毛方法を行ってくれます。

 

スーパー脱毛は電気脱毛の事で、1本あたり143円で行ってくれて、1回で処理する本数は自由に選ぶことができますので、予算に合わせて処理本数を選べるのは嬉しい所です。

青森クロスタワー ア・ベイ店

住所:青森県青森市 長島1-6-6クロスタワー ア・ベイ3F
電話:017-773-5211
営業時間:9時00分〜22時00分

 

先程のわき脱毛の3600本をTBCの料金で当てはめると514,800円かかる計算になります。わきの脱毛だけでこの価格は高いと思うかもしれないですが、処理本数は自分で選ぶことができ、例えば予約当日に15本だけ処理をしたいと思ったら1日の出費は2,145円になります。

 

光脱毛ではわきの脱毛は全体で3,000円くらいでできるサロンもありますが、常に生えてきてしまうのでその都度処理をしなければいけなくなります。

 

しかし、電気脱毛は処理した15本は一生生えてくることはないので、終わりがある脱毛です。

 

そう考えれば、決して高くはないのかなと思います。さらに無くしたい本数を自分で選択できるので、満足すればその場で終わらせることも可能です。

 

電気脱毛のメリット・デメリット


電気脱毛のメリットやデメリットを紹介していこうと思います。

電気脱毛のメリット

電気脱毛のメリットは以下のようなものが挙げられると思います。

永久脱毛効果がある

なんと言っても永久脱毛効果があることが最大のメリットだと思います。

 

TBCでは終わりがある脱毛と言っていますが、処理をした毛は一生生えてくることはありません。その箇所に関しては処理をする必要がなくなるのが嬉しい所だと思います。

 

光脱毛やレーザー脱毛にはないメリットですね。

本数を選べる

光脱毛は広範囲に照射する事で脱毛するので処理する本数を選ぶことはできませんが、電気脱もは1本ずつ処理をしていくので処理する本数を選ぶことができます。

 

Vラインの場合は形を自由に選んで脱毛する事ができます。これは光脱毛でも可能ではありますが、電気脱毛の場合は処理後からその形がキープできるため自己処理の手間がかなり省けます。

産毛でも白髪でも処理できる

光脱毛のようにメラニン色素に反応するわけではないので、ムダ毛の太さや色などは関係なく処理する事ができます。

 

ムダ毛がピンセットでつまめる程度伸びていればどんな毛でも処理する事ができるので、脱毛サロンで断られた毛でも処理ができるのはメリットだと思います。

日焼けしても問題ない

上記でも触れましたけど、メラニン色素に反応しない脱毛であるという事は、日焼けしてしまった黒い肌でも問題なく脱毛する事が叶であるという事です。

 

肌や毛の状態に左右されず処理する事ができるのはありがたい所だと思います。

電気脱毛のデメリット

電気脱毛のデメリットとしては以下のようなものがあります。

痛みに関して

電気脱毛は痛みが強いと言われることがあります。

 

光脱毛やレーザー脱毛に比べて電気脱毛は痛みを伴う脱毛です。針を毛穴に刺して電気を流して焼き切る方法なので人によっては痛みが強くなります。

 

ただ、痛みも個人差があり、ほとんど痛みを感じずに、できた人もいれば、痛すぎてギブアップをしてしまう人もいるようなので、体験してみないとなんとも言えない所ではあります。

 

さらにわき脱毛だとしても毛の生えている位置によっても脱毛の痛みの感じ方は違ってくるので、痛みが強い箇所もあると思います。ただ、我慢できない痛みではありません。

時間がかかる

電気脱毛は1回の施術に時間がかかります。

 

電気脱毛は一本一本毛穴に針を刺して処理を行う脱毛なので、光脱毛に比べて時間がかかります。

 

光脱毛はわき脱毛をするのにかかる時間は約3分程度であることが多いのに対して、電気脱毛は1分間で10本程度しか処理ができないので、両わき終わらせるのには30分くらいはかかってしまいます。

 

その為、広い範囲を処理するのには不向きな脱毛方法なので、Vラインなどの狭い部分などに対して行うのが良いかと思います。

金属アレルギーだとそもそも脱毛ができない

電気脱毛は絶縁針を刺して処理をする脱毛方法なので金属に肌が反応してしまうと肌トラブルのもとになってしまいます。その為、金属アレルギーがある場合は脱毛する事がそもそもできないのです。

 

少し金属が触れるだけでかぶれてしまうような方はこの脱毛方法はお勧めできません。

料金が高い

終わりのある脱毛であったとしてもやはり他の脱毛方法に比べて高額になりやすい所がネックです。

 

本数や時間で料金を計算するから仕方がないのですが、完了までの一部位だけで数十万くらいかかってしまうのもめずらしくありません。

 

その為、全身脱毛には向かない脱毛方法だと思います。

 

電気脱毛が向くのは、

  • 脱毛の範囲が狭い箇所
  • 光脱毛やレーザー脱毛では処理ができないムダ毛

だと思います。

 

おすすめはエステティックTBC


私のおすすめはエステティックTBCです。

エステティックTBC

Vライン

光脱毛のライト脱毛と電気脱毛のスーパー脱毛を両方使用して、永久脱毛をしながらも抑毛してくれるため、効果がかなり高い脱毛方法を行ってくれます。

 

スーパー脱毛は電気脱毛の事で、1本あたり143円で行ってくれて、1回で処理する本数は自由に選ぶことができますので、予算に合わせて処理本数を選べるのは嬉しい所です。

青森クロスタワー ア・ベイ店

住所:青森県青森市 長島1-6-6クロスタワー ア・ベイ3F
電話:017-773-5211
営業時間:9時00分〜22時00分

 

まとめ


電気脱毛は光脱毛やレーザー脱毛に比べると費用や時間はかかりますが、その分仕上がりはキレイで、ツルツルな肌をすぐに手に入れる事ができるので、ムダ毛を完全になくしたい方にはお勧めできる脱毛方法です。

 

ただし、全身脱毛には向かないですが、光脱毛やレーザー脱毛では処理が出ない箇所の脱毛に対して行うなどして、通うのが賢いかもしれないですね。

 

あとは、どうしても完全にムダ毛を無くしたい箇所に対して利用すると良いと思います。